Princess Letter(s)! フロムアイドル

空っぽだったあたしが、
アイドルになれた。

自分の中の「空っぽ」に、みんなの気持ちがたくさん詰まって、膨らんで、
蕾になったあたしはアイドルとして走り出した。

あたしの毎日は大きく変わった。
ひとりぼっち、無感情のまま、
何もかもを持て余していたあの時とは180度違う。

勉強に、レッスンに、取材にステージ。
あまりに新鮮な「初めて」を積み重ねて、

あたしは目まぐるしい毎日を、
風に飛ばされた桜の花びらみたいに、
踊るように駆け抜けていった。

いつかあたしが理想のアイドルになれたなら、
その時もう一度、あなたに会える気がして、
そう思ったら、いくらだってがんばれる。

だから、無我夢中で、
駆け抜けて、駆け抜けて、
楽しさと忙しさに我を忘れそうになった時、
不意に、自分のいる場所がわからなくなって、

季節が初夏に差し掛かったことにも、あたしは気がつかないままだった。

理想のアイドルになるためには、
まだまだ、足りないものがたくさんある。

みんなが応援してくれる分だけ、
早く、早く、少しでも早く、
最高の笑顔を届けたいのに。

理想に手を伸ばせば伸ばす分だけ、
まだまだ届かないことを実感するばかりだ。

あたし、ちゃんと前に進んでいるのかな?
この道を走り続けて、理想のアイドルになれるのかな?
道の先が見えなくて、少しだけ怖くなって、
時々、立ち止まってしまいそうになる。

あたし、ちゃんと前に進んでるかな?

そう思った途端、
まるで空が雲で覆われていくみたいに、
薄暗い不安な気持ちが胸に広がっていく。

すると、いつかの空虚があたしに手を伸ばしてくる。

気がつけば、笑顔は途切れて、
あたしは空っぽを思い出す。

こんなにモヤモヤして、わからなくなってしまうなんて、
あたし、本当はまだ空っぽのままなのかな。

「コンコン! よーしのん!」
「よしのさん、いらっしゃいますか?」

不意に聞こえてきたのは、
たよりちゃんとあやめちゃんの明るい声だった。

「一緒にタイヤキ食ーベよう☆」
「最近お忙しそうでしたので、甘い物でもどうかなと」

二人はいつも、あたしの部屋のドアも、
心のドアも──すぐにノックしてくれる。

「今日はお天気が最高だから、寮のお庭に行ってみよ〜う!」
「賛成です。よしのさん、一緒に行きませんか?」

たよりちゃんが先頭を切って歩いて、
あやめちゃんが白い手をまっすぐに差し出してくれる。

「……うんっ」

握り返した手は暖かくて、
あたしのひとりぼっちが、二人の灯りで明るく照らされる。

「わあ、いいお天気ー!」

寮の小さな庭には初夏の日差しが降り注いで、
暖かな風があたしたちの前髪と、
濃ゆく萌える緑を揺らしていた。

「これからどんどん、暑くなっていきますね」
「溶けちゃいそうだねえ~><」

そうだ。夏が来る。暑い夏がやってくる。
そんな季節の流れに、あたしはやっと気がついた。

「はい、タイヤキ! ちゃんとつめた〜い麦茶もあるよう☆」
「ありがとー、たよりちゃん♪」

タイヤキを頬張るあたしを見て、
あやめちゃんが微笑んだ。

「よかったです。よしのさん、少しお疲れ気味なんじゃないかって」
「あやめんと心配してたんだよう……!」

「あ……」

どうしてわかっちゃうんだろう。

二人のおかげで、あたしは時々、
『ひとりぼっち』を忘れることができるんだった。

「あのね。アイドルになってから、すっごく忙しいでしょ?」

あたしは自分の中に芽吹いた感情を、ひとつひとつ、言葉にして、
たよりちゃんとあやめちゃんに伝える。

あたしが知って欲しい、
今のあたしのこと。

「このままでいいのかなって……急に迷っちゃうことって、ない?」

あたしなりにがんばって、あたしなりに伝えていても、
全然足りない気がしてしまう。

やっと辿り着いた夢のスタート地点がここなら、
きっともっと必死でやらなきゃ手が届かないんじゃないかって。

それくらい──あたしには、最初から眩しすぎる夢だから。

「せっかく、みんなが膨らませてくれたのに」

いつかその蕾を枯らしてしまうかもしれない。
そう考えると、怖くてたまらなくて──

「よしのん、それで元気がなかったんだね〜;;」
「私も不安を感じることは多々あります」
「でも、たよりはいっつも見てるから知ってるよ! よしのんがちゃんと前に進んでるってこと!」
「はい。よしのさんが頑張っていることは、私たちだけじゃなく、ファンの皆さんにもきっと伝わっているはずです」

そう言うと、あやめちゃんは手紙の束をあたしに差し出した。

「今朝、届いてましたよ。すべてよしのさん宛です」
「これで絶対、元気になるよう☆」
「それに、私たちには……何か迷った時に、こうしてお話しできる仲間がいます」
「そうだよう! たよりのこと、ドーンと頼っていいんだからね〜!」
「……ありがとう、二人とも」

ゆっくり閉じた瞼を、
そこに滲んだ微かな涙を、
太陽が温めてくれる。

「またこうして、三人でお茶ができるといいですね」
「いいね〜☆ タイヤキタイムで息抜きしよう〜!」
「うんっ、またしようねー♪」

目を開けた時。
あたしはいつもの笑顔に戻っていた。

* * *

ファンのみんなからの手紙には、
たくさんの感想や激励が書いてある。
衣装、かわいかったよ、とか、
明るい笑顔をありがとう、とか。

あやめちゃんの言う通り、
あたしが歩んでいる道のこと、自分で思っているよりも、
しっかりとみんなは見ていてくれているのかもしれない。

手紙には色々なことが書いてある。

日々の出会いや別れのこと、辛かったこと、悲しかったこと。
美味しかったもの、きれいだったもの、楽しかったこと。

季節のこと。勉強のこと。仕事のこと。

あたしだけじゃなくて、
みんなもいつもがんばってる。
そのことがあたしに勇気をくれる。

みんなからの手紙の言葉──そのひとつひとつが、
あたしの中に芽生えた感情を育ててくれる。

あたしは返事を書くために、
便せんのセットとペンを取り出した。

空っぽだったあたしが、アイドルになれた。
自分の中の「空っぽ」が、新しい気持ちで満たされて、
みんながくれた気持ちがたくさん詰まって、
蕾がどんどん膨らんでいく。

──あたしはアイドルとして走り出した。

この「新しいあたし」は、
たよりちゃんにあやめちゃん──かけがえのない仲間、
そして手紙をくれるかけがえのないみんなが作ってくれたんだ。

そうやって膨らんだあたしという蕾が、
しぼんで枯れてしまわないように。

いつか咲き誇るその春まで、
みんなと一緒に、もう少し──
この先まで走ってみようって思ったんだ。

今のこの場所から、道の先が見えないのは、
きっと未来で舞い散る桜吹雪のせいだから。

雁矢よしの ポエトリーノベル#2
『蕾、膨らんで。』
SHARE
わたし(たち)と、手紙のやり取りしませんか?わたし(たち)と、手紙のやり取りしませんか?

現在、公式通販サイトにて『文通キット』を販売中です。
アイドルたちと“秘密”のやり取り、してみませんか?