Princess Letter(s)! フロムアイドル

もしも、もしもだよ?
世界でい〜〜〜っちばん
おいしいタイヤキ屋さんが
あったとして、

もしも、もしもだよ?
そのタイヤキ屋さんがいっつもいっつも「悲しい、苦しい、つらいよう~」って泣きながら
タイヤキを焼いてたとしてっ!

外はカリカリ、中はふわふわもちもち、
生地の厚さも絶妙で……、
カスタードクリームもなめらかとろとろ~☆
だったとしてっ!

たよりはそのタイヤキ屋さんの大ファン☆
には、なれないと思うんだけどっ!
怒!
どう思いますか~~~っ?! って、拡声器で叫びたいくらいだったんだよう!

だって、せっかく常和歌学園の生徒になったのに、
「おともだち100人できるかな~☆」「さいこ~にキラキラ輝くアイドルになれるかな~☆」って入学したのに、
クラスのみんなはと~っても忙しそうで、いつもへとへとで、眉間に皺がシワシワ寄ってて、
ちょっとお休みして、タイヤキでも食べに行かない? って誘っても、「レッスンに行かなきゃ、また今度!」だって。
「金魚鉢さんって、のんびりしてるね」だって。

あ、あ、でもね、新しいお友達はできたんだよ。
A子ちゃんとB美ちゃん!
A子ちゃんは物知りで、人気のアイドルの曲やダンス、衣装や髪型、な~んでも知ってるの!
B美ちゃんはと~っても真面目で、A子ちゃんのアドバイスをあっという間にできるようになっちゃうんだよう!
ふたりとは、一緒にフレッシャーズフェスティバルに出場しようって決めたんだよう。

でも、なんか変だったんだ。
毎日毎日、レッスンば~っかりだし、レッスンが終わったら反省会だし、反省会が終わったら明日のレッスンに備えて早く帰って予習しなくちゃいけないんだって!

A子ちゃんは、「今、一番流行ってる曲でパフォーマンスしよう」って。でも、二人ともその曲、あんまり好きじゃないよね?
B美ちゃんは、「優勝するためには、寝る時間も惜しんでレッスンしなきゃ」って。でも、ちょっと疲れてるんじゃない?

A子ちゃん「B美ちゃん、人気のあの子の真似してショートカットにしたら?」
B美ちゃん「明日から寮でどのくらいレッスンしたか、お互いに報告しようよ」

ねえ、ふたりとも、待って、待ってよう。

たよりはレッスンだけじゃなくて、自分がシアワセになったり、誰かを大好きになったりできることもしたいなあ。

全力で遊ぶ時間も、タイヤキ食べる時間もとってもとっても大事だし、それに、それにね! B美ちゃんは今の髪型が一番似合ってるって思うし……!!
たより、シアワセでキラキラどころか、くたくたのヘロヘロで、毎日、寮に帰ったらすぐ寝ちゃうから、なんにも報告できないし。

でも、ふたりとも「そんなことじゃダメだよ」って。
A子ちゃん「フレッシャーズフェスティバルで優勝したいでしょ?」
B美ちゃん「そのためならなんだってしなきゃダメなんだよ!」

「アイドル業界はキビシイものなんだよ!」
「甘いこと言ってたらみんなに置いていかれちゃう!」
「辛くても必死でがんばらなきゃダメだよ!」
「アイドルになれなきゃ、シアワセになれないよ!」

そうなの? そうなのかなあ?
せっかくアイドルになるのに、そんなにツラくてキビシイの? それじゃあ、たより全然シアワセになれないと思うんだけど!
シアワセになれないなんて、そんなの、たよりがなりたいアイドルじゃないよ!

たよりがそう気が付いた時には、A子ちゃんとB美ちゃんはケンカばっかりするようになって、たよりはその仲裁。
そしたら今度はレッスンどころじゃなくなっちゃったわけ。
だから、フレッシャーズフェスティバルにも出場できなくなっちゃったんだよう。
ねえ、出ようよ。
ふたりとも、あんなに必死にレッスンしたのに。

ねえ、自分たちの事がキライになったの?
ねえ、それともアイドルのことが、キライになっちゃったの?

もうやめるなんて言わないで。
だってたよりはふたりの良い所だって、いっぱい知ってたのに。

たよりはまたひとりぼっちになった。

フレッシャーズフェスティバル当日、たよりはひとりぼっちでステージを観てた。
でも、全然いいな~、出たかったな! 次こそぜ~ったい出たいな~! って思わなかったんだ。
だって、ステージのみんな、全然キラキラしてなかったから。

無理して笑って、間違えないように必死で歌って踊って、
同じよ~な髪型にして、同じよ~な衣装着てそこにいて……、なんだかしょんぼり不安そうに見えた。

それを観てるお客さんも、だんだんしょんぼりしてきて、ちっとも楽しそうじゃなくなっちゃったんだ……。

たよりは何もできなかったんだ。
すっごく悔しくて、自分に腹が立って、もう、拡声器で、うわ~~~っ! って!

「ハイきみ! ちょっとクマが出ちゃってるからぁ、お昼寝しよっかぁ!」
「きみはカワイ~イ脚だけど、出すのがイヤならミニスカートはやめてヨシだよう!」
「無理しちゃって喉が痛い子~、たよりが今からのど飴を配りまぁ~す!」
「ここは戦場じゃありませ~ん! たよりは戦わないよう☆」
ステージを遠く見つめながらそんなこと叫ぶ想像してたら、たよりまでお客さんと一緒にしょんぼりしちゃった。
だって、それができなかったから、たよりはひとりぼっちになっちゃったんだもん。

全力でシアワセになって、全力でみんなをシアワセにしたくて、常和歌学園に入ったのに……。

* * *

それから、たよりの毎日はすっかり気楽になった。
もうしばらくステージはいいや、たよりは自分の思うように遊んで、レッスンして、学園生活を送るんだ。

だってたよりには自由が必要なんだもん!

そうしてるうちにたよりは、A子ちゃんやB美ちゃんや、クラスのみんなの事、落ち着いて見られるようになっていった。

無茶なスケジュールでレッスンしちゃって、足を傷めてお休みする子。
入学式の自己紹介とは別人みたいにこってりメイクになっちゃった子。
相変わらず、たよりのこと「のんびりしてるね」って笑う子もいた。

でもね、そんな子ばかりじゃなくって、コツコツコツコツ、楽しくレッスンして、
コツコツコツコツ、いっぱい笑って、友達100人で、
今すぐ最高に輝けなくても、大好きなアイドルを目指す毎日を全力で楽しんでる子たちもいたんだよ!

たよりもそうなりたい!
今度は絶対、自分だけじゃなくて、み~んなをシアワセにしたいよう!

A子ちゃんだってB美ちゃんだって、苦しそうだったみんなだって、きっと本当はそうだよね。
すっごく一生懸命で、一生懸命が先走って、うっかり転んじゃっただけなんだよ。
アイドルになりたい、アイドルが好きって気持ちはたよりと変わらかったはずだもん!

そう思えたら、むくむくむくむく、悔しい気持ちがたよりのやる気に変わっていったんだよう!

たより、世界一おいしいタイヤキ屋さんには、絶対ニコニコ楽しそうに、タイヤキ焼いててほしいもん!

そうだよね?
そうしたら、絶対大ファンになれるもん☆

たよりは誰よりたよりらしく、自由でシアワセなアイドルになりたい!
それで、毎日おいしいカスタードタイヤキ食べたい!

* * *

それから一年、全力マイペースに過ごしたたよりは、とうとう新しい春を迎えた。
そして、編入生の雁矢よしのんと、新入生の水茎あやめんに出会ったんだ。

よしのんは桜の花みたいに明るくて優しいの! でも、よしのんらしさって何なのか、探してるんだって。
あやめんはしっとりした雨の日みたいにおしとやか~、だからかな? アイドルらしくできないって気にしてるみたい。

二人はいつも真面目で一生懸命で、
それはなんとなく、たよりが新入生の頃に出会ったみんなを思い出せた。

フレッシャーズフェスティバル。
そのお祭りの名前をよしのんとあやめんの口から聞いた時は、
胸の奥がざわざわ~ってなって、
不安とか、悔しい気持ちを思い出しちゃった。

でも、二人が出場するって聞いて、たより、今度は心の底から、
「いいな~! たよりも出たいよう!」って言えたんだよう。

よしのんとあやめんと一緒なら、絶対絶対うまくいくって思ったんだよう!

それはね、絶対優勝できる! ってことじゃなくってね、

この三人でなら、世界一おいしいタイヤキを、汗かき、べそかきしながら、
楽しく笑って焼けそうだなあ☆ ってことなんだよう!
わかる?(わかってほしいなあ!)

「うん、たよりちゃんもいてくれたらうれしいよ!」
「たよりさん、ぜひ、一緒に出場しましょう」

こうしてたよりはもう一度、フレッシャーズフェスティバルに向けてがんばるってことになったわけ!

今年のたよりは一味違うよう☆ 全力で二人の味方するし、
全力でステージに立つって決めたんだよう!
そうしたらきっと、たよりもみんなも、シアワセになれるはず!

金魚鉢たより ポエトリーノベル#1
『もしも☆もしものタイヤキ屋さん』
SHARE
わたし(たち)と、手紙のやり取りしませんか?わたし(たち)と、手紙のやり取りしませんか?

現在、公式通販サイトにて『文通キット』を販売中です。
アイドルたちと“秘密”のやり取り、してみませんか?